同居の家族が車を購入した場合

同居の家族が車を購入した場合において、もともと別の自動車を保有している場合では改めての加入が必要となります。自賠責保険は1台につき1加入となりますので、加入は強制になります。任意保険については、その名前のとおり自動車の所有者が加入の是非を決めればよいのですが一般的には加入をしますので、この場合、今別の保険に加入をしている等の時にはその任意保険に加入をしてる保険会社にもよりますが、場合によっては同じような条件でさらに加入ができる場合があります。

???? Vol.10 ????
この場合、加入を追加していく中で保険料の負担が重くなります。加入者の名義で保険料の請求が来ますので、そのことをどう考えるのかによっても変わってきますが、新たに購入した人の名義で納付するのか、または同じ契約だけれども所有者が異なるということで別の人の名前で加入をするのかといった問題が生じます。そのあたりは保険会社とよく相談、確認をする必要があります。

 
加入者数が増加することで単純に保険料を2倍にするのではなく、多少の割引の制度を設けているところもあります。このような制度がないところもありますが、もし制度があれば積極的に利用して、多少なりとも保険料の増額を抑えることも考慮する必要があります。

コメントは受け付けていません。