車両を検討

自動車保険は万一の事故を補償してくれる心強い味方です。通常契約は1年契約ですので、もし途中で契約内容に変更がある場合は、その旨を通知し、契約内容の変更手続きを行わなければなりません。契約内容の変更手続きをしない状態で事故を起こした場合、補償が受けられない可能性もありますので、変更が生じることを予めわかっていれば早目に変更の手続きを行うと安心です。

 

自動車保険の変更内容でよくあるのが車の買い替えに伴う変更です。自動車保険の等級はそのまま引き継ぐことができますので、新たに加入し直す必要はありません。車を買い替える際には、車検証のコピーの提出が求められます。これがないと、変更手続きが完了しません。

 

保険内容の変更に伴い保険料が変更される可能性が出てきますので、改めて見積もりを取ることになります。たとえば、新車に買い替えた場合で車両保険に加入している場合、その額がアップします。

 
また、万一保険内容の変更手続きが完了する前に、事故を起こしてしまった場合、どうなるのかという不安があるかもしれません。通常は猶予期間が設けられているので大丈夫なのですが、ただ、もし事故を起こしてしまった場合、古い契約の保険内容が適用されてしまいます。したがって、車買い替えの検討に入り、納車される日がわかったら、自動車保険の変更の準備を同時に開始すると安心です。

mobile03_l.

コメントは受け付けていません。